万が一のトラブルに備えたい!給湯器の故障を防ぐ方法や業者選び

給湯器の故障を防ぐためにやりたいこと&自分できる対策法

万が一のトラブルに備えたい!給湯器の故障を防ぐ方法や業者選び

女性

故障しないためにしておきたいこと

給湯器を長く使うためには、日ごろからメンテナンスをする必要があります。自分たちでできることと言えば本体の汚れをふき取ったり、排気口にほこりが溜まらないようチェックしたりするだけです。これで故障の原因を少しでも取り除けるでしょう。また、排気口やドレン配管の周辺に燃えやすい物や落ち葉が落ちていないかなども確認してくださいね。気づいた時に落ち葉を掃除しておけば、火事を防げます。

専門業者を選ぶ時の基準

日常でよく使う給湯器は故障すると、生活に支障をきたす恐れがあります。そのため、専門業者を探す時はどこよりも早く対応する業者が心強いです。後は価格でしょうか。修理に莫大は費用がかかると買い替えた方が安くなることもあります。あまりに安い業者は、様々なトラブルを生み出してしまうため業者選びには神経質になった方がいいです。

業者がすぐに来れない時の対処法

原因をチェックする

給湯機のトラブルといっても、多種多様です。「これが故障の原因!」とは言えない部分もありますから、混み合ってて業者がすぐこれない時に対策ができなくなります。しかし梅雨の時期や、雪が降る季節も給湯器の中に水が浸入して故障することもあり得ます。乾いたタオルで拭いたり、なるべく雨や雪が当たらないように対策をしたりして様子をみましょう。

異音がしたら使用を控える

使っている時に大きな音が出ていたら、すぐさま使用を控えましょう。そのまま使い続けると、完全に停止する可能性が強まります。これ以上故障させたくない場合は、電源を落として修理業者に相談してくださいね。

水漏れが起こった場合

水抜き栓から沢山の水が出ている時は、本体のコンセントを抜いて給水バブルを閉めましょう。その間お湯は使えませんが、周辺を水浸しにするよりはるかにましです。

早急に業者の助けが必要になるケースを覚えておこう

異音や水漏れはすぐ対処すれば大事に至りませんが、ガス漏れが発生していたり、煙が出ていたりすると話は別です。とはいえ、他のトラブルも見逃してはいけない部分なので、業者は確実に呼んだ方がいいでしょう。

業者に依頼してよかったの声

解決できてホッと一安心です

給湯器を使用している最中に壊れてしまい、夜遅く悪いと思いましたが電話で故障したことを相談しました。対応が早く、給湯器も無事直ってホッとしています。今使っている給湯器はもう古いので、修理してもらった業者さんに依頼しようと思います。